オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
10.18経営戦略

【他社の成功事例の扱い方】

10.17管理職の現場力

【避けたい部下との話題の扱い方】

10.16現場力

【本人に自覚のない伝えることの不得手さ】

10.15現場力

【目立つものは重要なもの?】

10.12人材活用

【どんな職場にもある社員間の不和】

10.11経営者の現場力

【現場を混乱させる指示や変更】

10.10管理職の現場力

【会社の決定に納得しない社員】

10.09現場力

【喉元過ぎても熱さ忘れない】

10.05管理職の現場力

【仕事を任せると勘違いする部下】

10.04現場力

【台風後の鉄道大混乱を考える】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

【仕事で評価の高い人のタイプと共通する経験】

■人材育成 ■実践コラム ■現場力

【仕事で評価の高い人のタイプと共通する経験】

2018.05. 2

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


仕事で評価の高い人の話は聞いていて楽しいものです。
そのような人のそれまでの経験には共通したものがあります。

ボード_育成指導.jpg


仕事で評価が高い人には、さまざまなタイプの人がいます。
上昇志向の強い人、職人のように何かを極めたい人、学ぶことにどん欲な人がいるのは想像がつきます。
ところが、そうではないタイプの人もいます。
ただ与えられた仕事だからとこなしてきた、真面目なタイプの人もいます。
大人しいタイプで、上司や先輩が怖くてサボれなかったという人もいます。


誰でも新入社員の頃や、業務を担当し始めた頃に与えられる仕事は、単純作業が多いものです。
面白味もありません。
すぐに出来るようになることも多いです。


仕事の評価の高い人は、単純な業務がこなせるようなってからに違いがあるようでした。
慣れた業務をしていると余裕が生まれます。
そうすると、改善につながることはないか考えながら取り組んでいました。
改善は自分の業務だけを考えていては出来ません。
前後の工程など、その業務が関係する先まで考えなくてはなりません。
経験を積めば、考える関係先は、広く、深くなっていきます。
このような改善を考える積み重ねが、成長させたようです。


人によって性格は違います。
仕事への考え方も違います。
職場の環境も違います。
本人の姿勢なのか、環境から強制されたのかは、人それぞれ違いはあります。
理由はどうあれ、問題意識を持って取り組み続けた経験が力を付けることにつながったようです。


現場で経験を積み、そこから学び、高い評価を得ている人の話を聞くのは楽しいですし、勉強になります。
それは理想論でも評論でもなく、具体的な話だからです。


本当に仕事が出来るようになるには、問題意識を持って取り組む経験を積むことが必須です。
ローマは一日にして成らずです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス

執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.vive-la-vie.jp/mt/mt-tb.cgi/1402

コメントする

▲ページトップへ