オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
10.18経営戦略

【他社の成功事例の扱い方】

10.17管理職の現場力

【避けたい部下との話題の扱い方】

10.16現場力

【本人に自覚のない伝えることの不得手さ】

10.15現場力

【目立つものは重要なもの?】

10.12人材活用

【どんな職場にもある社員間の不和】

10.11経営者の現場力

【現場を混乱させる指示や変更】

10.10管理職の現場力

【会社の決定に納得しない社員】

10.09現場力

【喉元過ぎても熱さ忘れない】

10.05管理職の現場力

【仕事を任せると勘違いする部下】

10.04現場力

【台風後の鉄道大混乱を考える】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

【育成のために時間を割いてでもすべき2つのこと】

■人材活用 ■人材育成 ■実践コラム ■現場力

【育成のために時間を割いてでもすべき2つのこと】

2018.02. 9

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


社員を育成するには、時間を割く必要があると前回のブログにも書きました。

日々気が付いた時に指導するだけならば、あえて時間を割かなくてはならないと言う程、長い時間は必要ないと思います。
ということは、多くの人が思っている以上に長い時間をかける必要があるのです。

時間をかけて、何をしなくてはならないのでしょうか?


ボード_育成指導.jpg


日々気が付いた時に指導している方は多いと思います。
業務に関するアドバイスや注意のような指導は必要ですが、それだけで社員を育てているとは言えません。
育成とは知識やスキルにとどまらず、視点や姿勢なども含めたもっと大きなテーマです。


育成にはさまざまな手法がありますが、共通している重要な要素はコミュニケーションです。
世間話ではなく、社員の成長を促すためのコミュニケーションです。


育成のためのコミュニケーションと言えば、多くの人の頭に浮かぶのは面談だと思います。
多くの会社で面談と言えば、人事考課などを中心に、年に1回か2回、1時間程度が標準と言われています。


育成を見据えた面談の場合には、最低でも月に1回、面談の長さは2時間以上必要です。
上司の考えを説得してイエスと言わせるのではなく、納得するまで話し合うには2時間以上の時間が必要です。
また、効果を考えると、一定期間毎に振り返りを行うことが必要で、年に1回や2回では足りません。


そして話し合いで、一般論や概要では、納得を得ることが出来ません。
具体的な事例を元に話し合わなくてはなりません。
そのためには、観察したり、情報を集める必要があります。
これにも当然時間が必要です。


育成のために効果的な面談を行うには、今以上に時間を割かなくてはならないかもしれません。
情報を集める時間、そしてしっかりと話し合う時間が必要だからです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス

執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.vive-la-vie.jp/mt/mt-tb.cgi/1346

コメントする

▲ページトップへ