オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
11.06実践コラム

【上手に「失敗」する】

09.11実践コラム

【「伝わる」ための5つのポイント】

09.09実践コラム

【イベントの幹事代表を引き受けると得られること】

08.28実践コラム

【「ルール」の背景を考えてみる】

05.15ビジネス・スキル・トレーニング

【メッセージの効果は「聞く人」によって変わる】

10.11コンサルティングの現場から

フレームワークの使い方

09.10実践コラム

スキルは一日にしてならず

07.24実践コラム

「伝える技術」よりも大切なこと

07.09人材育成

狩猟型、農耕型二つの営業スタイル

06.14コンサルティングの現場から

何かを始める時にする質問

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

ビジネス・スキル・トレーニング

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。

「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。


アップルの創始者、
スティーブ・ジョブスの言葉に、

ベストを尽くして失敗したら、
ベストを尽くしたってことさ。

というものがあります。

逆に、
成功したとしたら、それは、

ベストを尽くしていない

もっと上が目指せた

ということになります。


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。

「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。


週末に、2020年の
オリンピック、パラリンピックの
開催地が東京に決定しました。

テレビでIOC総会での
日本のプレゼンテーションが
何度も放映されていました。

素晴らしいプレゼンテーションでした。

今回のプレゼンテーションにあたり、
コンサルタントの指導を受けたそうです。

「伝える」のでははく、
「伝わる」ためのポイントは、
どこにあったのでしょうか?


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。

「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。


私は、多くの会の幹事をしています。

同期会など、
小規模な有志の集まりです。

小さな会ですから、
実質、私一人で仕切ります。

誰かが言い出して、
世話役を引き受けなければ、
だいたい実施されません。

引き受けて実施すると、
多くの人が喜んでくれます。

それだけでも
やり甲斐があるのですが、
他にも得られることがあります。


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問していただき、
ありがとうございます。

「ワーク・ブレイクダウン」実践家、
「こんな会社にしたい」を応援する
オフィス・ビブラビの長尾です。


世の中には、
「ルール」や「決まり事」が
たくさんあります。

その背景や、目的に
考えをめぐらせるのは、
思考のトレーニングになります。

今回は、
町中でさりげなく示されている
三つの例を取り上げます。

これらの「ルール」は、
その意図に気づかず、
あるいは、
その存在にも気づかず、
従っていない人も多いものです。

それでも、その意図を探ると、
いろいろな気付きがあるものです。


コメント(0) | トラックバック(0)

同じ「言葉」を聞いても、
聞く人によって、
伝わり方には違いがあります。


伝わり方が違うのですから、
伝えた後の
効果や影響にも
違いが生まれます。

一つの例として、
アップルの創始者
故スティーブ・ジョブズ氏の
有名な言葉
「ハングリーであれ。愚か者であれ。」
について考えてみます。

コメント(0) | トラックバック(0)
ロジカル・シンキング
論理思考
は、
ビジネスマンの必須のスキル
と言われています。
 
その中で、
フレームワーク
は、
ロジカル・シンキングのツール
として、必ず紹介されます。
 
学んだ人は多いにも関わらず、
意外に使われていません。
 
使いこなせば便利なツールなのですが、
使いこなすにはポイントがあります。
 
コメント(0) | トラックバック(0)
スキルはすぐに身につくものではありません。
 
研修やトレーニングを受けたから
すぐに現場で使えると

周囲が期待するのも
本人が思い込むのも
間違っています。
 
スキルを自転車の乗り方に例えてみます。
 
自転車は身近な乗り物です。
 
誰でも乗れるようになりますが
最初から乗れるわけではありません。
 
小さい頃のことで、覚えていないかもしれません。
覚えていなくても、お子さんがいれば、
お子さんに自転車の乗り方を教えた時のことなら
覚えているかもしれません。
 
コメント(0)
 「伝える技術」は、話題になっています。
分かりやすく伝える
には、もちろんスキルがあります。

話の組み立て
使う言葉
話し方

などなど。

これらのスキルは、伝えるには大切です。
スキルが高くなれば、伝わる確率は高くなります。
より深く伝わります。
ですので、「伝える技術」を習得することは、
大切ですし、努力する価値はあります。

では、スキルを高めれば
「伝わる」
のでしょうか?

結論から言えば、
高いスキルだけでは伝わりません。
コメント(0)
 営業のスタイルには、大きく分けて二つのスタイルがあります。
狩猟型と農耕型です。
現実には、併用している場合も多いのですが、
業界、会社、あるいは営業マンによって、
どちらかの型を主に使っています。

営業マンの行動を指導したり、管理したする場合、
この二つの型を理解することは大切です。

どちらの型にしても、営業は楽な仕事ではありません。
しかし、型によって「鍵」となる行動は違います。
コメント(0)
 コンサルタントという仕事柄、
何か新しいことを始めることを検討する段階で
お話をすることが多くあります。

そんな時に出てくる言葉は、
出来ない理由、難しい理由
が実は多いのです。

新しいことを始めるわけですから、
当然、経験も不足していますし、
情報も不十分です。
不安もあります。

そんな時に、効果のある質問があります。
それは、
「どうしたら出来ますか?」
です。
コメント(0)

▲ページトップへ