オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
05.25人材活用

【土壌やスキルが揃っていても議論は活発になりません】

05.24人材活用

【会議では活発な意見交換だけでは不十分】

05.23人材活用

【安心して意見が言える土壌作りのためにすべきこと】

05.22人材活用

【議論が活発に行われない原因】

05.21人材活用

【多様な社員を活かすために必要なこと】

05.18経営者の現場力

【多様性とビジネスの付加価値との関係】

05.17経営者の現場力

【多様性とビジネスの効率との関係】

05.14管理職の現場力

【部下を理解出来ていると思う落とし穴】

05.11人材育成

【成長への取り組みが続かないのは気合の問題?】

05.09現場力

【議論を避けると起こること】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

人材活用

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


現場の知恵を出し合い、真剣に検討して考えだした解決策であっても、自信が持てないことがあります。
常に課題は新しく、お決まりの対策があるわけではないから当然です。

しかし、実行する上では、
これで解決できる
という自信が必要です。

どうすれば良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

経営者や上級管理職が、現場に対策などの検討を指示することがあります。
最近では、このような指示をする対象を増やす会社が増えているように感じます。

中小企業でも、いままではトップダウンだった会社が、現場に任せることに取り組み始めている話を聞きます。

ところが、現場は困惑しているようです。
何が足りないのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で意見が活発に出ることは良いことです。
しかし、意見がたくさん出れば出る程、結論としてまとめるのが難しくなるのも現実です。

では、意見は聞かない方が良いのでしょうか?
出てきた意見は、どのように扱うと良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

活発に意見交換される会議は、活気があり、良いものです。
ところが、発言は多いけれど、結論がなかなか出ない会議も多いです。

盛り上がるのは良いのですが、結論が出なければ会議の目的は果たせません。

何が原因なのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で議論している時、参加者全員が笑顔なことはほとんどありません。
表情だけでなく、しぐさで不満を表現している参加者もいるものです。

そのような参加者に対して、ファシリテーターは何かする方が良いのでしょうか?
それとも、あえて発言して表明しない限り、賛同していない雰囲気の参加者を放っておいて良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

現場の社員は日々業務を行っています。
その業務は、ビジネスの最前線です。
そこには、経営に生かすべき情報が豊富にあります。
ところが、その情報が経営者まで自然と上がってくることはありません。

どうすれば良いのでしょうか?


ボード_経営者の現場力.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議でアイデアを出そうとする時、ただ発言を求めると、積極的に発言する人もいれば、全く発言しない人がいるものです。
現場の知恵を生かすには、参加者全員のアイデアを一旦議論のテーブルの上に乗せることが大切です。

発言に積極的でない人にアイデアを出してもらうには、どうすれば良いでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議での決定は、最終的に誰がしているのでしょうか?
議論を進めた末に、参加者の合意が得られて結論に至ることもあるでしょう。
意見がまとまらず、会議に参加者の中の役職者が一任されることもあるでしょう。
いずれにしても、結論とすると決めているのは会議の参加者なのでしょうか?


ボード_経営者の現場力.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

「働き方改革」が話題になっています。
ただし、社員の代表である労働組合と、多くの現場の社員との間で賛否が分かれているのが興味深いです。
それでも、多様な働き方が出来る仕組みと、労働時間短縮の二つは時代の要請です。
この要請に応えるには、何が必要なのでしょうか?


ボード_巻き込む.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議でアイデアを出す場面で、アイデアが出て来ないことがあります。
ファシリテーターとしては困った状況です。
そんな時、ファシリテーターは発言を促すためにさまざまなことを試みます。

オブザーバーとして会議に参加していると、試みに効果が出ていないケースを見かけることがあります。
効果がない原因は、アイデアが出て来ない理由と試みとが合っていないからです。


ボード_現場力強化.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)
前の10件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

▲ページトップへ