オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
06.06人材活用

【盛り上がる会議の注意点】

06.05人材活用

【組織を動かす論理と感情】

06.04管理職の現場力

【失礼な言動をする部下】

06.01経営者の現場力

【変化に対応するために必要なこと】

05.31経営者の現場力

【ビジネスの成功に重要なセレンディビティ】

05.30人材育成

【部下に注意するために必要なこと】

05.29経営者の現場力

【社員の会社への過大な要求への対処法】

05.28コミュニケーション

【他人に正しく伝えるのは難しい】

05.25人材活用

【土壌やスキルが揃っていても議論は活発になりません】

05.24人材活用

【会議では活発な意見交換だけでは不十分】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

【組織を動かす論理と感情】

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


組織を動かすには論理と感情の両方を使う必要があります。
どちらが重要なのでしょうか?

ボード_現場力強化.jpg


組織を動かすために論理が必要です。
戦略や戦術には、整合性や一貫性が求められます。
そして戦略や戦術を社内に浸透させるには、論理的に説明出来る必要があります。


また、論理的に説明出来たとしても、社内が動くとは限りません。
人は納得したからと言って、その通り動くわけではありません。
人を動かすには、感情も使わなくてはならないのです。


まず論理的に戦略や戦術を考え、決めます。
そして、社内に納得出来るように説明し、浸透させます。
その上で、社員の意欲をかき立てることが大切です。


では、論理と感情の重要性は同じなのでしょうか?


それは、立場によって違います。


一般的に、経営者など、経営のトップが管理職を動かす時には、論理の方がより重要です。
そして管理職が現場の社員を動かす時には、感情の方が重要です。


もちろん、重要度の割合は、その会社の土壌や、部門、社員の傾向などによって違います。
論理と感情を、どの比率で使うと最も効果的かは、使いながら探ることが必要です。


私が若い頃は、どちらかと言えば、全社的に論理よりも感情の比率が高かったようです。
最近は、時代の変化に伴い、社員の傾向も変わっています。
全体的な傾向とすれば、感情よりも論理の重要性が高まっているようです。


しかし、比率で言えば、感情の重要性が下がっていますが、感情を使うために必要なことが減っているわけではありません。
ただ、論理を使うためにすることが増えているのです。


組織を動かすためにしなくてはならないことも、時代と共に変わります。
以前と同じくらい感情を使いながら、以前以上に論理を使うことが必要のようです。
つまり、組織を動かす時に、経営者、管理職がしなくてはならないことが増えています。
時代とその会社に合った論理と感情の使い方が出来るのも、現場力の高い会社の特長の1つです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス

執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.vive-la-vie.jp/mt/mt-tb.cgi/1424

コメントする

▲ページトップへ