オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
スキル
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
02.18現場力

【ビジネスでの勘の使い方】

02.13経営者の現場力

【難易度の高い意思決定】

02.12現場力

【目的と手段を選ぶ上で大切なこと】

02.08経営戦略

【ビジネス視点で考える商品やサービスの提供の終了】

02.04現場力

【総論賛成各論反対は問題】

01.30経営者の現場力

【ミッションや経営理念で社内をまとめるのは難しい?】

01.22現場力

【目標が持てない?】

01.18現場力

【現場からの提案は物足りない?】

01.16経営者の現場力

【事業計画書の使い道】

12.20現場力

【提案の説明準備】

アーカイブ

2019年

1月  2月 

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

経営戦略

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


ビジネスをしている以上、常に課題があります。
会議で課題について検討する場合、解決までのプロセスの中の、どの段階まで会議が関わっていますか?

それは、はっきりと決まっていますか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

現場から見ると実情を分かっていない決定事項に対して、机上の空論と評されることがあります。
会社の上層部やコンサルタントなどのアイデアに対して言われることが多いものです。

それでは、現場の社員が考えれば机上の空論のような結論は出ないのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

目標を達成するためや、何かの問題を解決するために対策を講じることがあります。
そして対策を実施した後で、その対策の評価を下すことになります。

多くの場合、対策を採った成果としての結果を評価することになります。
最終結果をその成果として評価を下して良いのでしょうか?


ボード_戦略のピラミッド.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

「働き方改革」が話題になっています。
ただし、社員の代表である労働組合と、多くの現場の社員との間で賛否が分かれているのが興味深いです。
それでも、多様な働き方が出来る仕組みと、労働時間短縮の二つは時代の要請です。
この要請に応えるには、何が必要なのでしょうか?


ボード_巻き込む.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

何人もの人が集まって行う会議の本来の目的は、最終的には結論を出すことです。
検討に検討を重ねて結論を出すのですが、合意に至るのが難しいことも少なくないのが現実です。
合意は大切ですが、合意出来ることを最優先にしていることが多いように感じています。

それで良いのでしょうか?
そもそもどんな結論が良い結論なのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

何かに取り組むと、一定期間後に成果を確認します。
その成果については、当初の予想や期待と比べて良かった、悪かったと評価出来ます。
ところが、その取り組んだ結果を次の改善につなげられている現場は少ないようです。

何が足りないのでしょうか?

ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

社員が頑張っているのに思うように業績が上がらない。
このような状態が続いていると、人は疲弊するものです。

そんな時、どうすれば良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

経営者の大きな役割の一つに意思決定があります。
そして中小企業の場合、ほとんどの意思決定の権限は経営者にあります。

経営の意思決定は簡単なものではありません。
権限があることは責任を伴います。
意思決定の影響範囲は広いです。
そして、意思決定のために考えなくてはならない範囲も広いです。

そんな経営者が決断しなくてはならないことで、保留になっていることが多い現実があります。
保留にしておくと、何が起こるのでしょうか?


ボード_経営者の現場力.jpg


コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

財務分析は重要です。
会社の通信簿や健康診断の結果のようなものです。

実を言うと、私は最初、財務分析からコンサルティングを行うことを考えていました。
しかし、今は財務分析から始めることはしていません。

それは、コンサルティングをし始めてみると、財務分析からでは見えるものもあれば、見えないものもあることが分かったからです。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ビジネスで戦略を立てる時に、自社の強みを生かすことは重要です。
強みは他社との差別化に利用出来ますし、マーケティングや営業でもアピール・ポイントになります。

私は仕事上、多くの会社から洗い出した自社の強みをお聞きする機会があります。
そして、その強みを生かせているか尋ねると、生かそうとしても効果が出ていないと感じている会社が多いようです。

強みの使い方に問題がある場合もありますが、そもそも洗い出した強みは、本当に強みなのでしょうか?


ボード_中小企業を元気にしたい.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

▲ページトップへ