オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
02.27コンサルティングの現場から

【「了解」の使い方から現場力を考える】

02.26コンサルティングの現場から

【言葉遣いも現場力】

02.23コンサルティングの現場から

【システムを活かすのは現場の「人」】

02.10コンサルティングの現場から

【「経営者として」叱られることはない】

02.09コンサルティングの現場から

【褒められることがないのが経営者】

10.30コンサルティングの現場から

【小さなことが大切】

10.08コンサルティングの現場から

【スキルは一日にしてならず】

09.16コンサルティングの現場から

【二種類の「簡単」に】

08.15コンサルティングの現場から

【双方善意でも食い違う】

08.11コンサルティングの現場から

【目立たないけと重要な役割】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

コンサルティングの現場から

昨日、初めてお会いした方との面談の話。
年配の責任者の方と
ソーシャル・メディアが話題になりました。
 
ご本人は、使ってもおらず、
お子様(社会人)との経験で、
一般化しているらしい認識はあっても、
まったくイメージ出来ていない
とのことでした。
 
少し、具体的なことをお話ししたのですが、
その時の対応に、
その方の、器の大きさを感じました。
コメント(0) | トラックバック(0)
仕事柄、
「経営の戦略」と言えばカッコいいですが、
何をしたらうまくいくのか
業績が上がるのか
という話題になることが多くあります。
 
その時、多くの経営者から、
同じ業界の成功している会社のやり方、
ベスト・プラクティス
と言われるものを
尋ねられることが多いです。
 
また、私自身の
同じ業界の他社での成功事例を
尋ねられることもあります。
 
ところが、それらの成功事例を、
そのまま実行しよう
というケースは、ほとんどありません。
コメント(0) | トラックバック(0)
研修にはテーマがあります。
 
例えば、最近の流行で
「聞くスキル」
があります。
 
ポイントとしては、
聞くことの大切さ
聞くことの効果
聞く姿勢
聞くスキル
などが内容になります。
 
この研修を行った後、
アンケートや
その後をフォローしてみると
参加者の区分によって、
伝わっているモノに違いがありました。
コメント(0) | トラックバック(0)
人の能力はすごいです。
 
日々、周囲で起こることは、
全く同じことはありません。
 
それを、
いくつかのパターンに分けて認識して、
対応するのです。
 
この、
パターンに分けて認識する
ことは、とても高度なことです。
 
そして、経験の積み重ねによって、
パターンの見分けの精度が
上がっていきます。
 
しかし、
これが意外な落とし穴なのかもしれません。
 
コメント(0) | トラックバック(0)
世の中には、
なるほど!
と思う話がたくさんあります。
 
テーマはさまざまです。
経営、生き方、自己実現、自己啓発
などなど。
 
書籍やセミナーの
題目
伝えている内容
本当に、
その通り!
これは良い!
と思わず納得してしまうことが
多いものです。
 
そして、
元気や
前に進む勇気
をもらえます。
 
そうです。
受け入れられやすい話
の典型です。
 
こうして手に入れた
アイデア
後で活かされていますか?
 
コメント(0) | トラックバック(0)
先日、ある社長とお話ししていて、
成果の上がらない社員をどうしたら良いか
という話題になりました。
 
成果が上がらない社員がいることは、
少人数で仕事を回し、
業績を上げなくてはならない
中小企業にとっては、
大企業以上に影響が大きいです。
 
そのような社員に対して、
成果を上げて欲しいため、
当然、放置しないで、
いろいろな働きかけを
してきていました。
 
しかし、社長の努力にもかかわらず、
好ましい変化は起こっていません。
 
どのように対処すると
良いのでしょうか?

コメント(0) | トラックバック(0)
ロジカル・シンキング
論理思考
は、
ビジネスマンの必須のスキル
と言われています。
 
その中で、
フレームワーク
は、
ロジカル・シンキングのツール
として、必ず紹介されます。
 
学んだ人は多いにも関わらず、
意外に使われていません。
 
使いこなせば便利なツールなのですが、
使いこなすにはポイントがあります。
 
コメント(0) | トラックバック(0)
 仕事柄、多くの会社に訪問して、
現状をお聞きすることが多くあります。
 
そんな中で、
経営者
社員
共通して良く出てくるのは、
その会社の
「問題点」
「弱み」
です。
 
確かに、ビジネスの環境は厳しく、
苦労されているのは間違いありません。
 
しかし、その会社は、
「問題点」「弱み」
を解決することが必要なのでしょうか?
 
コメント(0) | トラックバック(0)
 世の中には、マニュアルにあふれています。
職場にもマニュアルはあるでしょうし、
電子機器を買ってもマニュアルがあります。
「ノウハウ本」や、
セミナーで聞いたことも
一種のマニュアルと言えるかもしれません。
 
電子機器の場合は、マニュアルに忠実に操作すると、
思った通りになると思います。
 
ところが、仕事やビジネスのマニュアルは、
マニュアル通りに行っても、
思っていた通りにならないことが
頻繁に起こります。
 
では、マニュアルは役に立たないのでしょうか?
 
コメント(0)
 コンサルタントという仕事をしていると、
「先生」と呼ばれることが多くなります。
 
何か照れ臭いものですが、
悪い気はしません。
 
セミナーや、勉強会の時は、
「先生」と呼ばれてもそのままにしています。
ただし、お客さまのところでは、
「先生」と呼ばないようにお願いしています。
 
私が提供しているコンサルティングの場面では、
支障があるからです。
 
実は、これ
社内で肩書で呼ぶことの影響にも
共通しています。


 
コメント(0)
前の10件 1  2  3  4  5  6

▲ページトップへ