オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
10.18経営戦略

【他社の成功事例の扱い方】

10.17管理職の現場力

【避けたい部下との話題の扱い方】

10.16現場力

【本人に自覚のない伝えることの不得手さ】

10.15現場力

【目立つものは重要なもの?】

10.12人材活用

【どんな職場にもある社員間の不和】

10.11経営者の現場力

【現場を混乱させる指示や変更】

10.10管理職の現場力

【会社の決定に納得しない社員】

10.09現場力

【喉元過ぎても熱さ忘れない】

10.05管理職の現場力

【仕事を任せると勘違いする部下】

10.04現場力

【台風後の鉄道大混乱を考える】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

何かを始める時にする質問

 コンサルタントという仕事柄、
何か新しいことを始めることを検討する段階で
お話をすることが多くあります。

そんな時に出てくる言葉は、
出来ない理由、難しい理由
が実は多いのです。

新しいことを始めるわけですから、
当然、経験も不足していますし、
情報も不十分です。
不安もあります。

そんな時に、効果のある質問があります。
それは、
「どうしたら出来ますか?」
です。
 「質問」の力は偉大です。
人から投げかけられた質問で、
考えが整理されたり
新たなアイデアが浮かんだりすることは多いです。

ところで、質問されるのは、誰からが多いですか?

それは、圧倒的に
自分自身から、
です。

考える、ということは、
自分に質問することから始まります。

先ほどのように、
新しいことへの取り組みを考えている場面で、
その人が自分にしている質問は
「何が障害になるだろう?」
です。

タイプによっては、思い入れが強く、
自分に質問をしないで、
当たって砕けろ!
やってみないと分からない!
と、突っ走るタイプもいます。

自分に質問しないのも問題がありますが、
難しい材料を探す質問ばかり考えていても、
前に進めません。

そこで、自分自身に投げかけることをお勧めする質問が、
どうしたら出来るだろう?
という質問です。

当然、方法や手順などが頭に浮かびます。
同時に、「足りないモノ」
資金、時間、能力、スキル、技術、機械など
も頭に浮かびます。

「足りないモノ」を
手に入れたり、他で補ったりする方法がないかを
考えます。
ここで自分にする質問は
「どうしたらこの不足を解決できるか?」
です。

そして、また元の質問に戻ります。
「どうしたら出来るだろう?」
です。
別の方法を考えることも大切です。
最初に考えた方法の「足りないモノ」が
解決できないかもしれません
もっと良い方法を思いつくかもしれません。

このプロセスを繰り返すことをお勧めします。


少し解説します。

先ほど、方法や手順と同時に浮かんだ
「足りないモノ」ですが、
これは、
「何が障害になるだろう?」
と考えていた時に浮かぶものと、ほとんど同じです。

ところがスタートの質問が違うと
「足りないモノ」は
どうしたら解決できるか考える「課題」になります。

人は同じモノを考えても
「障害」と考えるか「課題」と考えるかで、
捉え方が変わります。
向き合う態度が変わります。
一見同じテーマで考えていても、
投げかける質問が違うと
違う結果が得られることは多くあります。
 
「良い質問」を考えることは効果があります。
特に、自分に無意識に投げかけている質問を
見直してみたらいかがでしょうか?

コメントする

▲ページトップへ