オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
10.18経営戦略

【他社の成功事例の扱い方】

10.17管理職の現場力

【避けたい部下との話題の扱い方】

10.16現場力

【本人に自覚のない伝えることの不得手さ】

10.15現場力

【目立つものは重要なもの?】

10.12人材活用

【どんな職場にもある社員間の不和】

10.11経営者の現場力

【現場を混乱させる指示や変更】

10.10管理職の現場力

【会社の決定に納得しない社員】

10.09現場力

【喉元過ぎても熱さ忘れない】

10.05管理職の現場力

【仕事を任せると勘違いする部下】

10.04現場力

【台風後の鉄道大混乱を考える】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

答えを探す姿勢

■実践コラム

答えを探す姿勢

2013.02.25
正解がない
問いを考えるは、
経営ではよくあることです。
 
これは、
経営に限らないかもしれません。
 
この、
正解がない
というのは、厄介です。
 
しかし、ビジネスをする限りは、
正解がない問いについて考える
ことと
付き合い続けることが
必要です。
 
 
正解がない問いと出会うと、
二つの気持ちが生まれるようです。

一つ目は、不安です。
考え、導き出した答えが、
正しいかどうか、不安になるのです。
 
私たちは、小さい頃から、
正解のある問題を解いてきました。
教わってきたのは、
正解の導き方です。
 
ビジネスは
コンピュータのプログラムや、
学問のモデルではありません。
同じことをすれば、
同じ結果になるわけではありません。
 
会社の特徴、環境が、それぞれ違います。
環境も変化していきます。
 
つまり、
唯一の正解はありません。
また、
ある時には最適な答えが、
いつでも最適であり続けることも
ありません。
 
正解がない
というのは不安定です。
その不安定さを受け入れ、
平然と付き合う姿勢が大切です。
 
 
もう一つは、虚無感です。
どうせ正解がないのなら、
考えても無駄
と、諦めて、
考えることをやめてしまいたくなります。
 
ところが、
思い付きのアイデアではなく、
きちんと手順を踏んで、
必要な検討を積み重ねると、
アイデアの精度が上がります。
 
ビジネスは一人で出来るものではありません。
他の人に説明し、
協力してもらうことも必要です。
 
そのためにも、
論理的な根拠が必要です。
 
そして、
基礎から考えてあれば、
思うような結果が出なかったり、
環境が変わったりすると、
修正したり、対応することができます。
 
ビジネスは長い期間続くものです。
その間に起こるさまざまなことに
対応し、適応していかなくてはなりません。
 
検討を積み上げることは、
基礎となり、基盤となります。
 
基本は大切です。
そして基礎も大切です。
 
 
環境の変化が早く、
不透明な時代だからこそ、
しっかりと考え抜き、
見極め
判断していくことが、
大切です。
 
正解のない問いと
きちんと向き合い
付き合うことも、
必要な資質です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.vive-la-vie.jp/mt/mt-tb.cgi/107

コメントする

▲ページトップへ