オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
12.14現場力

【大切な全てのプロセスに共通するプロセス】

12.13現場力

【議論にプロセスは必要?】

12.12現場力

【1つのことに集中しないと議論は進まない】

12.11現場力

【会議で促してもアイデアや意見が出ない?】

12.07現場力

【質の高い議論のために人と事とを分ける】

12.06現場力

【質の高い議論のために事実と意見を分ける】

03.07現場力

【経験から得る学びに差が出る原因】

12.26ワーク・ブレイクダウン

【会議で出たアイデアは書き出しただけでは扱えません】

12.05ワーク・ブレイクダウン

【会議参加者全員の合意は可能でしょうか?】

11.22ワーク・ブレイクダウン

【会議を効率的に行うために事前に出来ること】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

ファシリテーション

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で意見が活発に出ることは良いことです。
しかし、意見がたくさん出れば出る程、結論としてまとめるのが難しくなるのも現実です。

では、意見は聞かない方が良いのでしょうか?
出てきた意見は、どのように扱うと良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ミーティングは限られた時間の中で行われます。
テーマとなっている議論が一度のミーティングで終了することは少ないものです。
そこで、各ミーティングでは、議論の一部分を扱うことになります。

一連の議論の中の一部分を扱うことは、簡単なことではありません。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

議論をしていると、賛成、反対、不満、不愉快など、参加者にはさまざまな感情が生まれます。
その感情は、表情や仕草だけでなく、声や口調にも表れます。

本来、議論は冷静に行うべきですが、人は感情の生き物なので、避けることは出来ません。
避けることが出来ないならば、どのように向き合うと良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ファシリテーターが会議で発言を求めた時、的外れな発言が出て来ることがあります。
検討がスムーズに進んでいると思っている時に、そのような発言が出ると動揺するものです。

どうして的外れな発言が出るのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

活発に意見交換される会議は、活気があり、良いものです。
ところが、発言は多いけれど、結論がなかなか出ない会議も多いです。

盛り上がるのは良いのですが、結論が出なければ会議の目的は果たせません。

何が原因なのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

社内での伝達事項が、きちんと伝わらないことがあります。
会議やミーティングでの話し合いがかみ合わなかったり、決まったことへの理解が違っていたりします。

その原因の一つに言葉があります。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議でアイデアを出そうとする時、ただ発言を求めると、積極的に発言する人もいれば、全く発言しない人がいるものです。
現場の知恵を生かすには、参加者全員のアイデアを一旦議論のテーブルの上に乗せることが大切です。

発言に積極的でない人にアイデアを出してもらうには、どうすれば良いでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ファシリテーションは、参加者の合意を元に議論を進めるのが原則です。
ですのでファシリテーターは、折に触れ、参加者の合意しているかどうか質問して確認します。
ところが議論を進めていると、それ以前に合意したはずのことが蒸し返されることがあります。

ファシリテーターの立場からすると、確認してから進めているのに、と思います。
どうすれば良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

議論の途中で異論反論が出ることは必要なことです。
議論を積み重ねた上で、参加者が全員賛成する形で結論が出ると気持ちが良いものです。
ところが現実の会議では、一定の期限の中で、結論を出さなくてはなりません。
当然、全員が同意しているとは言えない結論になることがあります。

ところで、全員の同意が得られないことは問題なのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議でアイデアを出す場面で、アイデアが出て来ないことがあります。
ファシリテーターとしては困った状況です。
そんな時、ファシリテーターは発言を促すためにさまざまなことを試みます。

オブザーバーとして会議に参加していると、試みに効果が出ていないケースを見かけることがあります。
効果がない原因は、アイデアが出て来ない理由と試みとが合っていないからです。


ボード_現場力強化.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)
前の10件 1  2  3  4  5  6  7

▲ページトップへ