オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
03.07現場力

【経験から得る学びに差が出る原因】

12.26ワーク・ブレイクダウン

【会議で出たアイデアは書き出しただけでは扱えません】

12.05ワーク・ブレイクダウン

【会議参加者全員の合意は可能でしょうか?】

11.22ワーク・ブレイクダウン

【会議を効率的に行うために事前に出来ること】

11.21ワーク・ブレイクダウン

【会議の雰囲気は生産性に影響を与えます】

11.14ワーク・ブレイクダウン

【問題解決や目標達成を邪魔しているかもしれない常識】

11.10ワーク・ブレイクダウン

【採用する手法を考える時に浮かぶ3つの疑問】

11.02ワーク・ブレイクダウン

【議論を紛糾させないために必要なこと】

10.27ワーク・ブレイクダウン

【会議参加者のモチベーションの扱い方】

10.26ワーク・ブレイクダウン

【会議の発言をちゅうちょさせる一番やっかいな理由】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

ファシリテーション

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議でアイデアを出そうとする時、ただ発言を求めると、積極的に発言する人もいれば、全く発言しない人がいるものです。
現場の知恵を生かすには、参加者全員のアイデアを一旦議論のテーブルの上に乗せることが大切です。

発言に積極的でない人にアイデアを出してもらうには、どうすれば良いでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ファシリテーションは、参加者の合意を元に議論を進めるのが原則です。
ですのでファシリテーターは、折に触れ、参加者の合意しているかどうか質問して確認します。
ところが議論を進めていると、それ以前に合意したはずのことが蒸し返されることがあります。

ファシリテーターの立場からすると、確認してから進めているのに、と思います。
どうすれば良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

議論の途中で異論反論が出ることは必要なことです。
議論を積み重ねた上で、参加者が全員賛成する形で結論が出ると気持ちが良いものです。
ところが現実の会議では、一定の期限の中で、結論を出さなくてはなりません。
当然、全員が同意しているとは言えない結論になることがあります。

ところで、全員の同意が得られないことは問題なのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議でアイデアを出す場面で、アイデアが出て来ないことがあります。
ファシリテーターとしては困った状況です。
そんな時、ファシリテーターは発言を促すためにさまざまなことを試みます。

オブザーバーとして会議に参加していると、試みに効果が出ていないケースを見かけることがあります。
効果がない原因は、アイデアが出て来ない理由と試みとが合っていないからです。


ボード_現場力強化.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議の中で、強く自分の意見を主張する参加者はいるものです。
強いトーンで、話し方は自信に満ち、その上話し方が上手だと、いかにも良いアイデアに思えます。
その場も、そのアイデアでまとまりそうになるものです。

しかし、それで良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で様々なアイデアが出ると、それぞれのアイデアを比較検討することになります。
比較検討するために、発案者からアイデアの根拠を説明してもらいます。
詳しく説明を聞いているうちに、最終的な選択肢に残らないアイデアが出てきます。

当然、最終的な候補に残っても、採用されるのは一つです。
他の候補は却下されることになります。

選ばれるアイデアと選ばれないアイデアとでは、何が違うのでしょうか?
最終的に選ばれない理由は何があるのでしょうか?


ボード_共有.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議は社員を集めて行うので、生産性は高い方が良くて当然です。
しかし、無駄に会議の時間が長いと感じている社員が多いのも現実です。
参加者は他の業務を止め、時間を割いて参加しています。
そんな貴重な時間を使っている会議の生産性が低いのは何が理由なのでしょうか?

よく見られる理由は主に二つあります。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

私は仕事柄、オブザーバーとして会議に参加することがあります。
会議中に意見やアイデアを出している時に気になることがあります。

どこの会社でもあることだと思いますが、発言に対して質問する場面をよく見かけます。
質問する人が進行役であれ、他の参加者であれ、時々この質問がアイデア出しに問題を引き起こしています。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

活発に意見が出る会議では、当然さまざまな意見が出ます。
逆に言うと、活発だからこそ、多くの意見が出て、意見をまとめるのは難しいのです。
それでも、いくら多くの意見が出ても、結論を出すのが本来の会議の目的です。

多くの意見が出た場合、どうしたら良いのでしょうか?


ボード_共有.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で議論している時に、その時のテーマから外れた発言が出ることがあります。
場合によっては、そのような発言が引き金となって、その時のテーマから外れたテーマで盛り上がったり、さらに外れてしまうことがあります。

進行役をしてるファシリテーターにとっては、厄介な状況です。
このような場合、本論に戻すことは必要ですが、ただ戻すのはもったいないです。


ボード_巻き込む.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)
前の10件 1  2  3  4  5  6

▲ページトップへ