オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
12.14現場力

【大切な全てのプロセスに共通するプロセス】

12.13現場力

【議論にプロセスは必要?】

12.12現場力

【1つのことに集中しないと議論は進まない】

12.11現場力

【会議で促してもアイデアや意見が出ない?】

12.07現場力

【質の高い議論のために人と事とを分ける】

12.06現場力

【質の高い議論のために事実と意見を分ける】

03.07現場力

【経験から得る学びに差が出る原因】

12.26ワーク・ブレイクダウン

【会議で出たアイデアは書き出しただけでは扱えません】

12.05ワーク・ブレイクダウン

【会議参加者全員の合意は可能でしょうか?】

11.22ワーク・ブレイクダウン

【会議を効率的に行うために事前に出来ること】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

ファシリテーション

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ビジネスの環境は、常に変化しています。
自社の状況も常に変化しています。
過去に対応したことと同じような課題について対策を考える場合でも、毎回全てが条件や状況が同じことはありません。

ですので、議論が行き詰って、どうにもならない状態になることがあります。
難しい状況ですが、それも現実です。
避けることは出来ません。

では、どうすれば良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で結論がスムーズに出ると気持ちが良いものです。
ところが参加者の多くが、この結論で良いのか確信が持てないと感じるケースを見かけることがあります。
実はこのようなことは、会議として盛り上がり、活発に議論された時に起こりがちです。

何が問題なのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議の雰囲気はどんな感じですか?

もちろんテーマによって変わるものです。
重大な問題が起き、対応を検討している時は、重苦しいでしょう。
新商品や新サービスの販売促進の企画を考えている時は、明るいでしょう。

そもそも会議の雰囲気は、どんなものが良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で検討する時には、論理的に考えることが必要です。
論理的であるためには、客観的な視点を持ち続けなくてはなりません。
ところが人はそれぞれ価値観や判断基準を持っているので、他の人の意見や議論に主観的に反応してしまいます。

どうすれば、論理的に話し合いが出来るようになるのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

参加者の貴重な時間を使って行う会議は効率良く進めたいものです。

影響する範囲が大きいため、検討すべきものが多く、時間がかかる問題もあります。
意見が続出して結論を出すのに時間がかかるケースもあります。
これらのケースは、可能であれば時間をかける価値があります。

しかし、多くの現場で見られるのは、他の理由です。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議の進行役であるファシリテーターをしている時、困る場面の一つに、何とかして自分の意見を通そうとする参加者がいるケースがあります。
その意見が最適ではないときは、対応に迷います。
特にその参加者が、肩書が上位だったり、影響力が強い場合はなおさら困ります。

そんな時、ファシリテーターは、どうしたら良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議の進行役であるファシリテーターは、参加者全員が議論についてくるように、会議を進める役割を担っています。

オブザーバーとして会議に参加していると、議論についてきていない参加者がいる場面を多く見かけます。
ファシリテーターの言動を見ていると、確認しながら進めている意図はあるようなのですが、何が足りないのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議では、議論をスムーズに進めるために進行役が必要です。
進行役であるファシリテーターを務めることになった人は、何とかスムーズに進めたいと思います。

そこでファシリテーターの進め方には、二つのタイプに分かれます。
一つ目は、会議を仕切ろうと頑張るタイプ、
二つ目は、参加者に頼るタイプ
です。

どちらが良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で出てきた意見は、参加者全員が理解出来ていますか?

このように質問すると、多くの人が出来ていると答えます。
しかし現実には、正しく理解出来ていないことが多いものです。

自分が発言した時のことを思い出して下さい。
そんな意味で言っていない
と思うことはありませんでしたか?

実は、他人の考えを理解するのは簡単ではないのです。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議というのは独特な緊張感があるものです。
それぞれ違った立場や意見を持っているものが集まって議論するのですから当然です。
当然、不満そうな表情の参加者もいます。

以前のブログで、ファシリテーターは、参加者の感情にも配慮しながら議論を進めることが必要だと書きました。
しかし、ファシリテーターも参加者の一人です。
つまらなさそうな参加者、不満そうな参加者、露骨に反抗する参加者に対して起こる感情をどう扱えば良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)
前の10件 1  2  3  4  5  6  7

▲ページトップへ