オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
08.17現場力

【表情やしぐさから伝わっているものの影響】

08.10現場力

【目配り、忖度、気配り】

08.08コミュニケーション

【不明瞭な基準が社員の不満の原因の1つ】

07.23人材活用

【やる気の現実的で適切な扱い方】

07.18現場力

【雨降って地固まるは本当?】

07.17現場力

【LINEを使うのは相手への気配り?】

07.05コミュニケーション

【コミュニケーション・スキルの誤解】

05.28コミュニケーション

【他人に正しく伝えるのは難しい】

05.10人材育成

【効果的な承認とは?】

04.26実践コラム

【情報の共有に必要な2つのこと】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

コミュニケーション

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


会議で課題や問題について検討するには、その原因や背景などを確認することが必要です。
その対象が業務上の問題点の場合、可能性のある原因の中には社内のルールが挙がることがあります。
しかし確認してみると、社員がそのルールの理由や背景を理解していないことが多いものです。

どこに問題があるのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


意見が出ない会議の雰囲気は重苦しいものです。
意見を求めたり、質問しても発言がないと、会議の進行役であるファシリテーターも困ります。

ところが、ファシリテーターが変わると、同じ言葉がけや質問でも発言が出て来ることがあります。
何が違うのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

社内での伝達事項が、きちんと伝わらないことがあります。
会議やミーティングでの話し合いがかみ合わなかったり、決まったことへの理解が違っていたりします。

その原因の一つに言葉があります。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で共通の認識を持ち、結論が合意に至ると一安心するものです。
しかし、後で何かうまくいかないことが起こることも多いようです。
その原因は、合意したことへの思い違いが主な要因です。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ファシリテーションは、参加者の合意を元に議論を進めるのが原則です。
ですのでファシリテーターは、折に触れ、参加者の合意しているかどうか質問して確認します。
ところが議論を進めていると、それ以前に合意したはずのことが蒸し返されることがあります。

ファシリテーターの立場からすると、確認してから進めているのに、と思います。
どうすれば良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

人の話をよく聞く、というのは幼い頃から教えられていることです。
ところが実際、会議の場などでは簡単なことではありません。

聞くことについてワーク・ブレイクダウン・プログラムで参加者に求めているものは、多くの人が考えているものとは違うようです。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

あなたの部下は、ホウレンソウをきちんと行ってきますか?
その他に、提案や不満などを伝えてきますか?

部下とのコミュニケーションについて尋ねると、多くの経営者や管理職が、概ね良好だと答えます。
ところが、多くの部下が不十分だと答えます。
これだけでも、現実にはコミュニケーションがうまくいっていないことが分かります。

多くの部下が不十分だと感じている主な理由は、伝えたことが伝わっていないと感じていることです。


ボード_管理職の現場力.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議は文字通りに考えると、会して議論することです。
最近は、コーチングやファシリテーションにも関心が高いようで、議論する意識を高く持っている会社も多いようです。

ところが、参加している社員の目から見ると、その議論する時間が無駄に見えることが多いようです。
何が問題なのでしょうか?


ボード_管理職の現場力.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

経営者や管理職は、常日頃から社員を動かすために、いろんなことをしていると思います。

人が行動するには、2つの要因があります。
理解し納得するための論理と、動く気になるための感情です。

社員に動いてもらうためには、論理と感情、どちらが重要なのでしょうか?


ボード_管理職の現場力.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

部下の自分への態度に不満がある、指示や命令をした時の部下の反応が思わしくない、などと感じている経営者や管理職は多いものです。
そんな部下に不満を感じてしまうのは、仕方がないことです。

部下に問題があるかもしれません。
それでも、このような状況は業務上良いことではありませんし、自然に解決すると期待して放置しても、改善することはありません。

どうすれば良いのでしょうか?


ボード_管理職の現場力.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)
前の10件 1  2  3

▲ページトップへ