オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
03.22経営者の現場力

【時代に合わせてビジネスを変化させるポイント】

03.20管理職の現場力

【相性の悪い部下の扱い方】

03.19実践コラム

【良好な人間関係のために聴くことが大切な理由】

03.16実践コラム

【突発的な出来事が起こった時、まず最初にすること】

03.15管理職の現場力

【与えられた役割に部下が不満を持つ理由】

03.14人材育成

【長所を伸ばす育成方法の問題点】

03.13現場力

【会社や経営者、上司への責任追及は最優先事項?】

03.12人材育成

【若手社員育成がうまくいかない2つの問題点】

03.09実践コラム

【なぜ本人と相手とで聴く力の評価に差が出るのか?】

03.08戦略実行

【多くの会社で見られる数値目標管理の問題点】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

【会社や経営者、上司への責任追及は最優先事項?】

■実践コラム ■戦略実行 ■現場力

【会社や経営者、上司への責任追及は最優先事項?】

2018.03.13

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


最近、国会で森友学園問題が再燃し、空転しています。
このような事態が起こるたびに感じることがあります。

政府への責任追及が最優先でいいのでしょうか?

会社でも、似たようなことが起こっていませんか?


ボード_現場力強化.jpg


森友学園問題には、疑念を抱かせる要素がたくさんあります。
これは、政府にも関係省庁にも問題があります。
真偽を明らかにすることも必要ですし、原因を追究する必要もあります。
場合によっては責任を問うことも必要です。


しかし、そのことで法案の審議が止まることの影響はどうなのでしょうか?


重要法案が先送りされることの問題点が報道されることがあります。
しかし、審議されることを待っている法案はたくさんあります。


全ての法案は、誰かにとって必要があるから提出されているのです。
審議が止まることで、困るのは、その法案の成立を待っている人たちです。


もし、これが会社で起こっていたら、どうなるのでしょうか?


経営者に何か疑念が生まれたとします。
事実だとしたら、許せないと追求する役員もいるでしょう。


そんな中で、会社として必要に迫られて経営者が意思決定したとします。
その中には、社内から要望が上がったことへの決裁も含まれるでしょう。


疑惑が解明されない限り、会社の意思決定出来なかったら、どうなるでしょう?
経営者が一方的に決めたとして、それに社員が従わないようにしたらどうなるでしょう?


これが、どこかの部署で、管理職と社員との間で起こったらどうなるのでしょうか?


ビジネスの視点で考えると、意思決定が止まることは大きな問題です。
意思決定されないことは、現場で実行出来ないからです。


また、意思決定されたことが実行されないことも問題です。
会社が顧客やマーケット、社会に対して負っている役割を果たせないからです。


疑惑究明や責任追及と意思決定は、どちらも重要です。
しかし、疑惑究明と責任追及は最優先ではありません。
会社が機能停止することも同じか、それ以上に重要です。


責任追及を最優先して、会社を機能停止させるのは、それはそれで無責任なことだと考えています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス

執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.vive-la-vie.jp/mt/mt-tb.cgi/1368

コメントする

▲ページトップへ