オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
03.22経営者の現場力

【時代に合わせてビジネスを変化させるポイント】

03.20管理職の現場力

【相性の悪い部下の扱い方】

03.19実践コラム

【良好な人間関係のために聴くことが大切な理由】

03.16実践コラム

【突発的な出来事が起こった時、まず最初にすること】

03.15管理職の現場力

【与えられた役割に部下が不満を持つ理由】

03.14人材育成

【長所を伸ばす育成方法の問題点】

03.13現場力

【会社や経営者、上司への責任追及は最優先事項?】

03.12人材育成

【若手社員育成がうまくいかない2つの問題点】

03.09実践コラム

【なぜ本人と相手とで聴く力の評価に差が出るのか?】

03.08戦略実行

【多くの会社で見られる数値目標管理の問題点】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

【議論を紛糾させないために必要なこと】

■ファシリテーション ■ワーク・ブレイクダウン ■人材活用 ■実践コラム

【議論を紛糾させないために必要なこと】

2017.11. 2

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。


議論をしている時、紛糾することがあります。
一旦紛糾すると、簡単には収まらないものです。

紛糾させないために、何が必要なのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg


議論に参加者全員が100%満足していることはありません。


まず、全員が同じ考えであることはあり得ません。
つまり、自分の考え通りの結論にならない参加者が必ずいるのです。
ですので誰かが何らかの不満を持っていることが通常です。


それでも何らかの合意を導き出すために議論をしています。
この目的を忘れてはいけません。


議論している中で、意見が対立するのは普通のことです。
しかし、紛糾するのは別です。
紛糾は論理ではなく感情が絡んでくるからです。


もちろん感情的な参加者もいます。
その中で出来るだけ紛糾させないために出来ることは、全ての参加者に対してフェアであること、つまり公平であることです。


ワーク・ブレイクダウン・プログラムでは、ファシリテーターに常にフェアであることを求めます。


議論する上で、フェアであるとはどういうことでしょうか?
・全員に意見を言う機会がある
・誰の意見も参加者全員に理解される
・全ての意見が同等に扱われる
・全ての意見は論理で評価される
などが主なポイントです。


逆に言うと、
・意見を機会が与えられない
・意見が正しく理解されていない
・意見が不当に軽く扱われる
などが、紛糾の元になる不満の原因です。


紛糾するほど感情的になる前には何らかの兆候があります。
その兆候を察知し、適切な介入することが大切です。


そしてこのフェアであるという規律を守るために、主な役割を担うのはファシリテーターです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オフィス・ビブラビのサービス

執筆者、長尾洋介のプロフィール

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.vive-la-vie.jp/mt/mt-tb.cgi/1282

コメントする

▲ページトップへ