オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
07.31ワーク・ブレイクダウン

【論理的に考えることを妨げるもの】

07.28トピックス雑感

【故日野原重明先生の生き方から学ぶ】

07.27ワーク・ブレイクダウン

【現場の知恵を生かすには指示方法も重要】

07.26ワーク・ブレイクダウン

【よく見かける会議の生産性を下げる原因】

07.25ワーク・ブレイクダウン

【自分の意見を通そうとする参加者への対応】

07.24ワーク・ブレイクダウン

【机上の空論は避けられるのか?】

07.21ワーク・ブレイクダウン

【決定事項が実行されていない時の対応のポイント】

07.20ワーク・ブレイクダウン

【議論についてきていない参加者を作らない方法】

07.19ワーク・ブレイクダウン

【会議をスムーズに進行する参加者との関わり方】

07.18ワーク・ブレイクダウン

【会議で出た意見を全員が共有するには工夫が必要です】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

2017年7月

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で検討する時には、論理的に考えることが必要です。
論理的であるためには、客観的な視点を持ち続けなくてはなりません。
ところが人はそれぞれ価値観や判断基準を持っているので、他の人の意見や議論に主観的に反応してしまいます。

どうすれば、論理的に話し合いが出来るようになるのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

去る7月18日に日野原重明氏が105歳で亡くなられました。
その経歴を私が書く必要はないと思います。

日野原先生の活動や功績は、さまざまなメディアに取り上げられており、いつか読もうと何冊かの著書を購入していました。
氏の訃報に触れ、その著書を一気に読みました。


ボード_学び.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

経営者や上級管理職が、現場に対策などの検討を指示することがあります。
最近では、このような指示をする対象を増やす会社が増えているように感じます。

中小企業でも、いままではトップダウンだった会社が、現場に任せることに取り組み始めている話を聞きます。

ところが、現場は困惑しているようです。
何が足りないのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

参加者の貴重な時間を使って行う会議は効率良く進めたいものです。

影響する範囲が大きいため、検討すべきものが多く、時間がかかる問題もあります。
意見が続出して結論を出すのに時間がかかるケースもあります。
これらのケースは、可能であれば時間をかける価値があります。

しかし、多くの現場で見られるのは、他の理由です。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議の進行役であるファシリテーターをしている時、困る場面の一つに、何とかして自分の意見を通そうとする参加者がいるケースがあります。
その意見が最適ではないときは、対応に迷います。
特にその参加者が、肩書が上位だったり、影響力が強い場合はなおさら困ります。

そんな時、ファシリテーターは、どうしたら良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

現場から見ると実情を分かっていない決定事項に対して、机上の空論と評されることがあります。
会社の上層部やコンサルタントなどのアイデアに対して言われることが多いものです。

それでは、現場の社員が考えれば机上の空論のような結論は出ないのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会社で決まったことは、現場で実行されているでしょうか?

実行されている、と自信を持って答えられる会社は素晴らしいです。
私が見ている限り、多少は実行されていても、徹底して実行されていない会社が多いと感じています。

実行しているかどうかを管理することも大切です。
もし、しっかりと実行されていないことが分かった場合はどうすると良いのでしょうか?

実行を強制し、管理を強めますか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議の進行役であるファシリテーターは、参加者全員が議論についてくるように、会議を進める役割を担っています。

オブザーバーとして会議に参加していると、議論についてきていない参加者がいる場面を多く見かけます。
ファシリテーターの言動を見ていると、確認しながら進めている意図はあるようなのですが、何が足りないのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議では、議論をスムーズに進めるために進行役が必要です。
進行役であるファシリテーターを務めることになった人は、何とかスムーズに進めたいと思います。

そこでファシリテーターの進め方には、二つのタイプに分かれます。
一つ目は、会議を仕切ろうと頑張るタイプ、
二つ目は、参加者に頼るタイプ
です。

どちらが良いのでしょうか?


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で出てきた意見は、参加者全員が理解出来ていますか?

このように質問すると、多くの人が出来ていると答えます。
しかし現実には、正しく理解出来ていないことが多いものです。

自分が発言した時のことを思い出して下さい。
そんな意味で言っていない
と思うことはありませんでしたか?

実は、他人の考えを理解するのは簡単ではないのです。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

▲ページトップへ