オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
05.31ファシリテーション

【他の人が納得しないアイデアの三つの理由】

05.30経営者の現場力

【論理的に考えれば答えは出る?】

05.29ワーク・ブレイクダウン

【会議の生産性が低い理由】

05.26ファシリテーション

【アイデア出しをしている時の質問が引き起こす問題】

05.25ワーク・ブレイクダウン

【決まったことの実行力を高めるために必要なこと】

05.24ワーク・ブレイクダウン

【会議で複数の意見が出た時にすべきこと】

05.23ファシリテーション

【議論の脱線は有効に活用する】

05.22実践コラム

【任せられた現場が困惑する原因】

05.19ワーク・ブレイクダウン

【新しい取り組みや企画をしっかりと検討するための2つの最低条件】

05.18ファシリテーション

【協力的でないミーティング参加者への接し方】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

2017年5月

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で様々なアイデアが出ると、それぞれのアイデアを比較検討することになります。
比較検討するために、発案者からアイデアの根拠を説明してもらいます。
詳しく説明を聞いているうちに、最終的な選択肢に残らないアイデアが出てきます。

当然、最終的な候補に残っても、採用されるのは一つです。
他の候補は却下されることになります。

選ばれるアイデアと選ばれないアイデアとでは、何が違うのでしょうか?
最終的に選ばれない理由は何があるのでしょうか?


ボード_共有.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ビジネスでは論理的に考えることが重要です。
論理的に考えて出した結論だからこそ、社内や社外に対して説明することが出来ます。
そして、結果が出た時に検証も出来ますし、次に生かすことも出来ます。

論理的に考えることの重要性は、多くの方が認識していることです。
では論理的に考え抜けば、答えは出るのでしょうか?


ボード_経営者の現場力.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議は社員を集めて行うので、生産性は高い方が良くて当然です。
しかし、無駄に会議の時間が長いと感じている社員が多いのも現実です。
参加者は他の業務を止め、時間を割いて参加しています。
そんな貴重な時間を使っている会議の生産性が低いのは何が理由なのでしょうか?

よく見られる理由は主に二つあります。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

私は仕事柄、オブザーバーとして会議に参加することがあります。
会議中に意見やアイデアを出している時に気になることがあります。

どこの会社でもあることだと思いますが、発言に対して質問する場面をよく見かけます。
質問する人が進行役であれ、他の参加者であれ、時々この質問がアイデア出しに問題を引き起こしています。


ボード_ワーク・ブレイクダウン.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議などで決まったことは、実行することが必要です。
ところが、決まった通りに実行されない現場が多いようです。

その場合、実行を担当する社員が怠惰だとレッテルを貼ってしまうことが多いと感じていますが、本当に社員に問題があるのでしょうか?


ボード_現場力強化.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

活発に意見が出る会議では、当然さまざまな意見が出ます。
逆に言うと、活発だからこそ、多くの意見が出て、意見をまとめるのは難しいのです。
それでも、いくら多くの意見が出ても、結論を出すのが本来の会議の目的です。

多くの意見が出た場合、どうしたら良いのでしょうか?


ボード_共有.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

会議で議論している時に、その時のテーマから外れた発言が出ることがあります。
場合によっては、そのような発言が引き金となって、その時のテーマから外れたテーマで盛り上がったり、さらに外れてしまうことがあります。

進行役をしてるファシリテーターにとっては、厄介な状況です。
このような場合、本論に戻すことは必要ですが、ただ戻すのはもったいないです。


ボード_巻き込む.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

業務を現場に任せることは、良いことだと考えています。
現場には現場の知恵があり、それを生かすことは大切です。
そして任された現場社員も前向きに取り組もうとすることが多いです。

しかし、実際に任された現場に入ってみると、どうもうまくいっていないケースを多く見かけます。
現場社員の話を聞いていると困惑している様子です。

その原因の多くは、任せ方にあります。


ボード_現場力強化.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

何か新しいことに取り組んだり、企画を考えることは、ビジネスをする上で大切なことです。
ところが実際には、検討が思うように進んでいない現場が多いようです。
何かを始めるにも、企画を実行するにも、元々予定している時期があります。
検討が進んでいないと時間切れで、やっつけ仕事で計画を作ることが多くなります。

これでは、望む成果を得る可能性が低くなっても当然です。

どうすれば、検討は進むのでしょうか?


ボード_現場力強化.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

神戸を中心に自ら現場と直接関わりながら、現場力強化を支援しているオフィス・ビブラビの長尾です。

ミーティングをしている時、議論には参加者全員が前向きで積極的であって欲しいものです。
ところが実際には参加者の中に、他人事のような様子が見て取れる人が何人かいるものです。
それどころか、検討を邪魔するような言動をする人もいるかもしれません。

そんな時、ファシリテーターは、どうすれば良いでしょうか?


ボード_巻き込む.jpg

コメント(0) | トラックバック(0)

▲ページトップへ