オフィス ビブラビ オフィシャルブログ

カテゴリ一覧
ビジネス・スキル・トレーニング
イベント・ニュース
コンセプト
コンサルティングの現場から
サービス・メニュー
トピックス雑感
人材活用
人材育成
実践コラム
戦略実行
経営戦略
ワーク・ブレイクダウン
現場力
管理職の現場力
経営者の現場力
コミュニケーション
ファシリテーション
オフィス・ビブラビ
profile
詳細
長尾 洋介(ながお ようすけ)
個人事業主から中小企業を元気にしたい!
将来のための行動(ACTION)を
本気で支援します!
最新の記事
12.26トピックス雑感

【今年一年ありがとうございました】

12.25実践コラム

【「勘」の良さの良し悪し】

12.24人材育成

【真面目な社員にこそ現場で成果を出して欲しい】

12.22実践コラム

【一生懸命で真面目な社員の評価は?】

12.19人材育成

【「やり切る力」は会社には厄介?】

12.18実践コラム

【「仕事」って何だろう?】

12.17実践コラム

【「優しい」か「甘い」か】

12.16実践コラム

【スキルとテクニック】

12.15実践コラム

【感情の表現の上手い下手】

12.12実践コラム

【「時間軸」の違いで判断は変わります】

アーカイブ

2018年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月 

2017年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2016年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2015年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2014年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2013年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2012年

1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月 

2011年

12月 

2014年12月

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


今年最後のブログです。

今年も残すところ
5日ほどになりました。

今日が仕事納めの方も
多いと思います。

みなさんにとって
今年はどんな年でしたか?

来年は、
どんな年にしていきたいですか?


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


世の中には、
「勘」の良い人がいます。

同じことを始めても
他の人よりも
上達が早かったりします。

先輩や上司から見ても、
何か優秀な人のように
思えます。

ところが
始めのころに
上達が早いのは
良い面ばかりではありません。


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


前のブログで、
真面目であることよりも
社業への貢献度の高い社員に
高い評価を与えることが
普通だと書きました。

一方で、
真面目な社員は
経営者にとって
好ましいことも
前回に書いた通りです。

真面目で貢献度が高いのが
理想なのは当然です。

では、
真面目な社員の
貢献度を上げるには
何が欠けているのでしょうか?

会社や経営者は、
何が出来るのでしょうか?


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


遅刻もせず、
勤務態度は真面目、
一生懸命取り組んでいる、
こんな社員には
好感が持てます。

ところが、
そのような真面目な
社員の中で、

営業であれば
売り上げは不十分、

事務や製造であれば
ミスや期限の遅延が多い、

そんな社員もいます。

このような社員を
どのように評価しますか?


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


自己啓発、
特にビジネスに関する
自己啓発への関心は
強い傾向が続いています。

ビジネスマンとして
成功したり、
レベルアップするために
必要なこととして
共通して言われているのが
「やり切る力」です。

この「やり切る力」は、
会社にとって
有り難くもあり、
厄介なものです。


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


先日、ある経営者の方と
お話ししていた中で、
相手の立場を考えられない人が
増えているという話が
ありました。

もちろん、
仕事の上での話です。

どうも「自分は」の
主張が強すぎる社員が多いと
感じていらっしゃる
ようでした。

そもそも「仕事」は、
自分が主役では
ないのです。


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


誰でも
厳しいことを言われるのは
嫌なものです。

褒めて育てるというのも、
育てられている方から見ると
理想的です。

叱られたり
責められたりすることがないので、
気分は良いはずです。

では、
叱らなくても
良いのでしょうか?

厳しいことを言わなくて
良いのでしょうか?

それって「甘く」ないですか?


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。

スキルもテクニックも
元々の意味はともかく、
受け取るニュアンスは
かなり違うようです。

スキルの方は、
能力の高さの
証になる感じです。

一方のテクニックは、
少し小手先で
上手くこなす印象です。

場合によっては、
ごまかしたり、
その場しのぎのように
マイナスな評価も
あるようです。

あなたの受け取り方は
いかがですか?


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


感情を表現することは
結構難しいものです。

全く感情を表現しないと
冷たい印象を与え、
人間味が感じられず、
冷たい印象を与えたり
近づきにく感じたりします。

嬉しいとか、
楽しいなどは
表現しやすいですが、
不満や不快、
怒りなどの感情は、
表現することが
難しいものです。

あなたは、
どうしていますか?


コメント(0) | トラックバック(0)

ブログを訪問いただき、
ありがとうございます。


現場の社員が
自主的に動いてくれて、
活気のある会社の経営者が、
一つ不満なことがあると
相談されました。

その会社では、
何か問題があると、
その解決策を考えた上で
経営者に相談に来ます。

社員の考えた解決策が
どうも納得いかない時が
あるそうです。

解決策という結論が
違って来るのには
いくつか理由が
考えられますが、
この会社の場合は、
「時間軸」でした。


コメント(0) | トラックバック(0)

▲ページトップへ